賃貸契約時の火災保険は「自分で選択」が断然お得でおすすめ

賃貸契約の時って、支払う額が結構大きくなりますよね。
敷金・礼金・家賃・仲介手数料・鍵交換代等・・・。
支払う金額が大きいと、金銭感覚が麻痺しがちです。また、賃貸契約ってそう何回もするものでもないので、契約時は緊張しがち。

今回は、そんな賃貸契約時に無駄なお金を払わないための方法をご紹介します。

火災保険(家財保険)を自分で選択して加入

火災保険いわれるがままに入っていませんか?

不動産会社から勧められる火災保険は、不動産会社にマージン(手数料)を取られていることがほとんどです。だいたい2年契約で15000円〜25000円のものを勧められると思います。会社によっては、普段使わないようなサービスを付帯することで、いかにもお得な保険というイメージをもたせて契約させようとすると思います。

しかし、こんな高いものを契約する必要はありません。

火災保険というのは、契約している建物や建物内の家具等に損害があった際に保険会社が損害額を補償するというものです。物件ごとに必要な補償の内容というのが定められているはずです。つまり、補償条件を満たす火災保険であれば、どの保険でも問題ないのです。

私が現在住んでいる物件の契約時には、2年間で25000円のものを勧められました。
もちろん、契約するわけもなく・・・。
不動産屋に必要な補償条件を確認したところ、個人賠償1億円と借家人賠償2,000万円でした。

結局、私が契約したのは日新火災の賃貸専用の火災保険です。

お部屋を借りるときの保険 公式ホームページ | 賃貸住宅入居者向け家財保険 | 日新火災海上保険株式会社
賃貸住宅向けの家財保険が4,000円から。インターネットで簡単申込み。東京海上グループの日新火災がお届けする家財保険の決定版!損害保険初のグッドデザイン賞受賞「お部屋を借りるときの保険」公式サイト

借家人賠償 2000万円
個人賠償責任 1億円(示談交渉サービス付き)
家財の損害 最大2000万円

私の場合、家財の補償はそこまで必要ないので、300万円としたため、
保険金額は5000円/年です。2年間でも1万円となり、不動産から勧められた火災保険に比べて、2年間で15000円も安くなりました。

皆さんも、不動産屋に勧められたものをそのまま契約せず、ご自身で調べてみてください。

ちなみに最初に書きましたが、火災保険には不動産屋にマージンが入るため、不動産側としては、なるべく提示したものに入って欲しいので、自分で火災保険に入るというと嫌な顔をする場合が多々あります。そんなのは気にせず、必要な補償条件を聞き出し、自分で見つけた火災保険で問題ないか確認しましょう。

保証会社の利用は大損

最近の賃貸では、保証会社を利用することで保証人を立てずに契約可能な物件が増えています。

手続きが簡単というメリットはありますが、この保証会社を利用した保証制度、意外にコストがかかります。

保証制度のパターンとしてよくあるのが、契約時に保証会社に契約料として家賃の50%、さらに家賃の1%を毎月支払うというもの。

毎月家賃の1%というと、そこまで高くないと思いがちですが、家賃10万円の物件で、毎月1000円です。つまり、家賃が1000円高いということです。年間にすると12000円もかかります。

契約時の初期費用分も考慮すると、2年間で、50000円(家賃10万円の50%)+24000円=74000円も支払うとこになります。高い。。

連帯保証人をたてることができるならば、なるべく連帯保証人をたてましょう。最近では、保証会社の利用必須の物件が増えてきています。利用必須と書いていても、交渉できるケースも多々あります。なるべく交渉しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする