ふるさと納税の仕組みを解説。実質2000円って何?

皆さん、ふるさと納税はされていますか?

我が家では、もうすぐ子供が産まれるということもあり、犬山市に寄付をしてベビーベッドを頂くことにしました。

さて、ふるさと納税で良く聞く、自己負担額2000円や、実質2000円というワード、いまいち理解できない方も多いのではないでしょうか。

私も最初はよくわかりませんでしたが、調べるとわかってきたので説明します。

自己負担額とは?

ふるさと納税において2000円以上の寄付を行った場合には、必ず自己負担額2000円が生じます。これはふるさと納税を行う時の手数料みたいなものです。

実質2000円ってどういうこと?

寄付金から、先ほどの自己負担額を引いた分が寄付者に還元されるのです。還元のされ方が少し複雑で分かりにくいため、実質2000円とよく言われています。

寄付した額から2000円を差し引いた金額が全て現金で戻ってくるわけではありません。現金で返ってこない分は、翌年の住民税の減額分にあてられるのです。現金が返ってくるわけではないのですが、支払う税金がその分安くなるのです。そのため、実質という言葉がついているのです。

お金がどのようにして返ってくるのか、ふるさと納税の流れにそって説明します。

ふるさと納税の流れ

ふるさと納税の流れを簡単に説明します。

自治体への寄付およびお礼の品をもらう

自治体への寄付を行うとお礼の品がもらえます。ここまでは分かりやすいと思います。

furusato1

その後に、寄付したことを知らせる方法によってお金の還元の仕方が違ってきます。

確定申告を行うケース

確定申告を行うと、寄付金から自己負担額2000円を差し引いた額が戻ってきます。ただし、現金として戻ってくるのは、所得税還付分のみで、残りは翌年の住民税減額分にあてられます。ここがよく誤解されているところですね。

furusato2

ワンストップ特例申請を行うケース

ワンストップ特例申請の場合、寄付金から自己負担額2000円を差し引いた額が翌年の住民税の減額にあてられます。つまり現金として返ってはきません。

furusato3

現金として戻ってくるか、税金の減額分にあてられるかの違いになります。

終わりに

今回はふるさと納税において疑問に思いがちな、実質2000円って何??について、ふるさと納税の簡単な流れを含めて説明しました。皆様の参考になりましたら幸いです。

具体的なふるさと納税のやり方は後日説明しようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする